「SEO入門」は大手検索エンジンの検索結果で上位に表示・ランクインさせるための方法・知識「SEO」について色々とお教えする、SEO初心者用の入門サイトです。あなたのサイトのアクセスアップ、検索上位ランクインに繋がる便利なSEO情報を掲載していますので、今まで以上にアクセス数を伸したいとお考えの方や、どうすればアクセス数が増えるのか分からないとお悩みの方は是非覗いてみてください。

タイトル部分は重要なSEO対策場所

SEOにおいてかなり重要な対策場所とされているタイトル部分は、SEOの基本中の基本と言っても過言ではないくらい、必ずと言っていいほど修正を施す場所です。このページではSEOにとって効果的とされているタイトルの上手な付け方についてご説明します。

タイトルへのキーワード挿入

タイトルとはそのページの名前が表示される部分で、IEやfirefoxなどのブラウザでは常にブラウザの左上に表示されています。ページの名前を知りたければブラウザの左上を見れば一目瞭然で、検索結果表示の場合はこのタイトル部分がまず表示されてその下にキーワードの引っかかった部分のテキストが表示されます。SEOではサイトのテーマに合わせたキーワードがサイト全体、各ページでどれくらい使われているのかをチェックし、それが適切な使い方かどうか、出現率は問題ないか等を厳しくチェックします。ただ、自然なサイト作り・コンテンツ作りをしていれば自然と各ページのキーワード上位はサイトのテーマに即したものとなるので、無理に意識してキーワードを調整するよりもまず全ページ作ってからキーワードの出現率をチェックしてみるのがいいでしょう。もしキーワードがあまりにも使用されていないのであればコンテンツ部にキーワードを絡めたものを挿入したり、新しくページを作ってみたりという検証も必要です。タイトル部分にキーワードを入れるのも効果があると言われていますが、これは何も全てのページに同一のキーワードを入れる、ということではありません。端から見ても明らかにおかしいキーワードの詰め込み方だとスパムサイトだと判定されかねないので、キーワードを挿入しても違和感のないページのみ絡めるようにしておきましょう。

タイトルにキーワードを入れる時は・・・

タイトル部にキーワードを絡める時の注意点は「自然な形で」かつ「キーワードはなるべく先頭に」という2点です。これは、メタタグのキーワードと同じく、文の最初にあるキーワードほど重要度が高くなるためです。例えば、サッカーというキーワードを絡めるのであれば「○○○ サッカー情報満載!」といった形式よりも「サッカー情報満載! ○○○」の方が好ましいということです。また、タイトルは検索結果表示で一番に目に付くものですので、なるべく人の目を引くような表現でつけると良いでしょう。興味がないサイトに足を運ぶユーザーは殆どいないので、とっかかりとしてまず興味を刺激するようなタイトルをつけてサイトにアクセスしてもらうことを意識するといいと思います。