「SEO入門」は大手検索エンジンの検索結果で上位に表示・ランクインさせるための方法・知識「SEO」について色々とお教えする、SEO初心者用の入門サイトです。あなたのサイトのアクセスアップ、検索上位ランクインに繋がる便利なSEO情報を掲載していますので、今まで以上にアクセス数を伸したいとお考えの方や、どうすればアクセス数が増えるのか分からないとお悩みの方は是非覗いてみてください。

テーマに併せたキーワードを

サイトにはそれぞれテーマがあり、そのテーマからキーワードというものは選定されます。スポーツをテーマにしたサイトであれば、マラソン、バスケット、水泳、、柔道、オリンピックなどがキーワードとして挙げられるように、一つのテーマから考えれば自分のサイトに相応しいキーワードというものが見つかってきます。このページではサイトとキーワード、またキーワードとアクセス数の可能性についてご説明します。

サイトのキーワードとコンテンツ

当然のことですが、サイトのテーマから相応しいキーワードを選んだらそのキーワードに即したコンテンツを配置するべきです。なぜなら、キーワードで引っかかって覗いたのにそのキーワードと全く関係のないコンテンツばかりでは「探していた情報」がないと閲覧者に判断され、結果としてアクセス数は伸びなくなっていきます。キーワードとコンテンツを絡めるのは極端なものではなく、あくまで無理のない・自然な程度のコンテンツがベストです。と言うのも、キーワードが決まったからと言ってそのキーワードばかりを使ったサイトは逆に意図的にキーワードの数を多くしているとクローラーに判断され、スパムサイトとして手痛いペナルティを受ける可能性があるからです。ペナルティを受けるとデータベースへの登録がなされず、検索キーワードに引っかからないサイトとして扱われてしまうのでアクセスアップから大きく離れてしまいます。キーワードを重視するクローラーもいますが、こうした狙いを絞ったSEOはやりすぎると返って逆効果になるので程ほどにしておきましょう。

テーマ、キーワードの選定

自分が好きなコンテンツを配置して、自分が好きなように作るというのはホームページを持っている人なら普通に行っていることでしょう。しかし、本格的にアクセスアップ、検索上位を狙うので有ればサイトのテーマとキーワードの選定は慎重に行わなくてはいけません。

ここで一つ例え話をしますが、仮に「旅行」をテーマにしたサイトを作ったとしてそれが同じ旅行というテーマを用いた全てのサイトの中でどれくらいの確立で見られるのか・・・。まずはyahooで旅行を検索してみましょう。旅行の検索結果表示の上部に旅行で引っかかるサイトの総数が出ますが、これは2009/10/8の時点で1,030,000,000件となっています。ものすごい数になっていますね。そして、人が検索エンジンを使用した時に一ページで表示する検索結果の件数はだいたい10〜20で、21以降のサイトは殆どの人は見向きもしません。一ページ目、検索結果として表示されるものを20件として、1,030,000,000を20で割ってみると恐ろしく可能性の低い話になってしまいます。

同じテーマ・キーワードを扱っているサイトが多いほど上位に表示させるのが困難となるため、サイトのテーマとキーワードは他のサイトと被らない+検索キーワードとして使われやすいものを選ぶように心掛けましょう。